白髪染めの仕組み

普通に白髪染めというと、1剤と2剤を混ぜて使うタイプが主流となっています。1剤に酸化染料・アルカリ剤が入っていて、2剤に酸化剤が入っています。これらを使う前に混ぜると、酸化染料が髪の毛に付いて、髪の毛に色合いが出てきます。
 まず、1剤に入っている酸化染料とは、白髪染めの染料の元となり、ジアミン系(パラフェニレンジアミン・トルエン-2.5-ジアミン)が使われています。ジアミン系の成分は非常に刺激が強いため、炎症やかぶれの原因になりますので、注意が必要です。アルカリ剤は、髪の毛の表面にあるキューティクルを開かせ、染料が浸透しやすくする役目があり、アンモニア・モノエタノールアミン等が成分になっています。
 2剤には、酸化剤という過酸化水素水で出来ていて、1剤に入っているアンモニアにて分解されることで、酵素となり、これが1剤に入っている酸化染料を発色させ、独特な色合いを出します。
 白髪染めのメカニズムを説明しますと、1剤と2剤を混ぜ合わせた混合液を髪全体に塗布すると、混合液に含まれるアルカリ剤が髪のキューティクルを開きます。キューティクルが開いた状態になると、そこから酸化染料が髪の内部まで浸透していきます。すると、酸化剤が酵素を発生させ、その酵素が髪のメラニン色素を脱色させると同時に 酸化染料を発色させて髪の内側まで染み込ませます。発色した酸化染料は、結合しあって元のサイズより大きな分子になります。それがキューティクル内に閉じ込められ、髪の内部に完全に封じ込められることで色が定着します。

次の記事を読む

参照したホームページ

魅力的な白髪染めをするために

自分の白髪にあった染めをするなら、ランキングでの人気は目安になりますよ。

e-白髪染め|白髪染めの口コミ&ランキング。リアルな体験談と白髪染めの選び方

お役立ちHP

このサイトについて

自宅で簡単にできる白髪染め。白髪が気になりだしたらやってみよう...でもその前に知っておくといいこといっぱい。

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。